貝殻追放抄とはなんだろう

生涯、作家としてまた実業家として二重生活を続け、誠実なモラリストとして生きた水上滝太郎(1887-1940)の文学の魅力は、イエス・ノーをはっきり言い切る自由な批評精神にある。
鏡花・荷風らの作家論、社会批評、身辺雑記からなる『貝殻追放』は、その本領が最もよく発揮された随筆集。
四二篇を精選。
三十三年余の短い一生に、珠玉の光を放つ典雅な作品を残した中島敦(1909-42)。
近代精神の屈折が、祖父伝来の儒家に育ったその漢学の血脈のうちに昇華された表題作をはじめ、『西遊記』に材を取って自我の問題を掘り下げた「悟浄出世」「悟浄歎異」、南洋への夢を紡いだ「環礁」など彼の真面目を伝える作十一篇。
ある日、悪魔が花嫁を迎えに来た… 美奈子が夢の中で出会った悪魔・デイモスは、自分と美奈子が遠い昔、愛しあっていたのだという。
恐ろしくなった美奈子は夢でよかったと安心したが、デイモスが会いに行くと言った金曜日の午後一時、自分の周りに不思議なことが起こり始めて…「暗い金曜日」 善と悪、優しさと残忍さ、人間の心を操る悪魔の微笑!! 超ロングセラーのオカルト巨編!!暴走族に絡まれていた美奈子を救ったのは、IQ193の天才少年… 美奈子に恋心を抱いた少年の前に現れたデイモス。
少年は美奈子に釣り合う大人になるため、年齢と腕力を賭けて、デイモスとチェスの勝負に挑んだが… 「天才は早死にする」他、全6編収録。
大火で非難した円乗寺で、八百屋の娘・お七と寺小姓・吉三郎は恋に落ちたが、仲を引き裂かれてしまう。
もう一度家事になれば、吉三郎に会える…その一心で、お七は江戸に火を放った… お七火事の舞台を見に行った美奈子は、火をつけた後、八百屋お七が本当はどんな人生を辿ったのか知ることになる。
「羽子板にすむ女」他、全6編収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000357