若君の仰せのままにです。

顕彰は元貴族・多治見家最後の跡取り。
高校の頃から自分が体質的に女性を受けつけないことを自覚していた彼が心も体も許しているのは、冷徹な執事の千秋だけだった。
そんな顕彰の願いは多治見家の財産をすべて食い潰し、千秋を「ご主人様」の呪縛から解き放ってやること。
両親の死後、多治見家の財産を狙う叔母の企みに気づいた顕彰は、千秋の勧めに従って、偽装結婚を決意するのだが……。
歪んだ主従関係の濃密な愛の世界★ イラスト サクラサクヤ世界一危険な運び屋兄弟、真と実に拉致されてから早数ヵ月。
今では離島で診療所を開く準備をしつつ、兄弟二人から愛されながら暮らす医者の誠巳。
そんな彼らのもとにマフィアのドンから、南米で拘留中の息子を救出してほしいという依頼が…。
命懸けの脱出劇。
さらなる追っ手が迫る。
救出した男、マルチェロは逞しく聡明…まさに実の好みで…。
デンジャラスで禁忌な四人の旅が続く。
 ★イラスト:萩原薫賊に殺されたマデリンの母は、悪鬼となってこの世に蘇った。
生きていくためには他人の命を必要とする彼女は、犠牲者を探しにしばしばロンドンへと足を運ぶ。
新聞を賑わす吸血鬼とは彼女のことだったのだ。
村での奇妙な失踪事件も彼女のしわざだったのだが、ある日、犠牲者を村はずれの沼に運ぶ所を目撃されてしまう。
彼の記憶は封じたものの、これ以上ここにいるのは危険、一家は館を後にする……。
天下を握った徳川家康には金がなく、一大名になり下った豊臣秀頼には巨額の金銀があった。
貧しい天下人家康は、富有な大名を滅ぼしてその財宝を奪うべく兵を起す。
大坂の役とは、それだけのことであった……。
しかし三代将軍家光はその大金の埋蔵場所を知らされていなかった。
ドラマはそこから始まる。
将軍家から大名、旗本、はたまた浪人、商人、いかがわしい町奴に吉原の遊女までが縺れ合い、江戸城の建設と莫大な太閤の遺金をめぐって展開される雄大な長篇の幕開け。
太閤遺金の半分を所有する者は家光の弟・駿河大納言忠長であった。
家光はその金を取り上げようと策し、落度もない弟に罪をきせ、配所に送る。
無念の忠長は、金のありかをあかさずに自害。
その秘密は忠長が思いを寄せた九条明子に遺され、そして家光は明子を強引に江戸城大奥へ連れ去ってしまった……。
一方、太閤遺金を狙うものは将軍家だけではない。
徳川顛覆の兵を挙げんとする豊臣浪人、その浪人群を率いて海外雄飛を計る由比正雪がそれであった。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013857