一撃伝(6)です。

卒業を間近に控えた姉・乙女のクラスでは、ちょっとした問題を抱えていた。
それは、クラスの男子生徒、田中が一人輪を乱し、勝手な行動ばかりしていることだった。
田中にクラスのみんなが愛想を尽かす中、乙女は……。
果たして、乙女は田中の気持ちを動かすことができるのか!一撃の前にまたまたライバル出現! その名は、鏡一刀。
鏡派一心流居合道の使い手だった父の後を継ぐため、母子二人三脚で修行に励む鏡親子。
ひょんなことから、その指導法をめぐって坂本親子と対立。
かくして、一撃VS一刀の闘いが幕を開ける! 勝負の行方はいったい…。
6年生が二人も襲われるという事件が起こった。
突然現れ一瞬で相手を倒すという、まるで疾風のようなその犯人は、何と一撃のクラスの転校生・根来銀八だった! 一撃に対してライバル心を燃やし、転校早々クラスを仕切ろうと威張りまくる銀八に対し、一撃のとった行動とは……。
一撃の前に現れたオバさんは、夢の中で母・咲子を倒した人物とそっくりだった! 母を守ろうと奔走する一撃だったが、オバさんの正体は咲子の学生時代のライバルで親友のお多恵だった。
母の親友とわかりホッとするのも束の間、今度は、お多恵の息子で巨漢の鐘が勝負を挑んできた!坂本家に母・咲子の祖父、つまり一撃の曾お祖父さんが現われた。
が、これがまたどうしようもない飲んだくれ。
暇さえあれば酒を飲んでばかり……。
でも、実はとてつもなく強い拳法の使い手でもあった! 突然の上京を不審に思う咲子をよそに、曾祖父は次々と問題を巻き起こしていく!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009735