決戰下の生活法ってなに?

筆者は日比谷公園や明治神宮の森を造営したほか、全国各地の都市公園の設計を手がけた林学の大家。
慶応2年(1866年)富裕な農家に生まれるが、9歳の頃父が急死。
極貧下で苦学して東京山林学校(のちの東京農科大学)を卒業し、留学先のミュンヘン大学で学位を得、東京帝国大学名誉教授となった。
生涯にわたり簡素な自給自足の生活を実践する一方、「四分の一貯金法」など独自の金銭哲学により膨大な資産を築き、蓄財の神様としても知られた(晩年に私財のほとんどを寄付)。
太平洋戦争の暗雲がたれ込めるなかで記された本書は、筆者の体験を反映した清貧生活の指南書である。
当時の衣食住、社会生活のあらゆる局面にわたって生活維新を説き、物質面で窮乏しても、心豊かに生きられることを力強く説く。
現代のスローライフ思想の原点がここにある。
田中角栄は世上言われているような、金権政治家ではない。
ロッキード事件で第1審から最高裁まで田中角栄・榎本敏夫両被告人の弁護を担当した男性が語る真実とは一体何か。
美少年転校生の天野俊。
ひょんなことからボクシング部と対決することになったのだが…。
俊の闘う姿に女の子はもうメロメロ! 俊をめぐってかおりとみかりのお色気対決に男の子はドキドキ! みやすのんきがおくるエッチで過激な学園コメディー。
格闘技部に入った転校生の天野俊。
どんな強敵も次々とノック・アウト! 俊をめぐるかおりとみかりの闘いはさらにヒートアップ! そこに生活指導部のつかさも加わり、熱き女の闘いは!? みやすのんきがおくるエッチで過激な学園コメディー。
荒野に現れた一人の賞金稼ぎ、ヒナコ シラトリ。
だが、彼女の真の目的は決して賞金稼ぎなどではなかった。
はるか東の彼方にある無敵の戦士の町“マナビー町(タウン)”。
だが、ある男によって町は全滅に追い込まれ、生き残ったヒナコは復讐のために、唯一の手がかりである「火薬銃(パウダーガン)」を使うというその男を追い、荒野を彷徨いつづけていたのだ。
そして、ついにその男が最強の拳銃使い“ブラックホースのリー”であることを突き止めるのだが…。
『最終教師』の主人公で、著者・山本貴嗣のお気に入りキャラクターである“ヒナコ”を新たに展開させたアクションストーリーの第一部。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009099